Nutritional Products

美容皮膚科や美容外科で行われているほくろ除去の方法とは?

所要時間が短いレーザー治療

多くの美容外科や美容皮膚科ではレーザー治療が行われていますが、中でもほくろ除去に適しているのが炭酸ガスレーザーを使う方法です。レーザーが照射されることによってほくろの細胞は蒸散します。Qスイッチルビーレーザーが用いられることもあります。

レーザー治療の特徴としては、施術に要する時間が短くて済むということが挙げられます。また、血液が凝固するため出血が少なく、傷跡が残りにくいのも特徴です。なお、レーザー照射後は赤みが残り、個人差もありますが完全に消失するまでには数ヶ月がかかります。

電気メスを使う電気分解法

電気メスを使ってほくろを除去する方法を電気分解法と言います。電気メスは普通のメスとは異なり針のような形状をしており、高周波電流を流すことによって細胞を蒸散させます。切開と止血を同時にできるのが電気メスの特徴です。

電気分解法は、レーザー治療と同じく短時間で治療を済ませられます。治療直後にはかさぶたができますが、1~2週間が経過すればそれも剥がれ、やがて普通の肌と同じようになります。なお、新しい皮膚は紫外線による影響を受けやすいため、日焼け対策をすることが望ましいです。

大きなほくろを取り除く切縫法

メスを使ってほくろを除去した後に縫合する治療法を切縫法と言います。レーザー治療や電気分解法では切除しきれないような、大きなほくろに対して行われることが多いです。

ほくろの大きさによっては、1回ではなく2回にわけて施術が行われることもあります。抜糸は施術から1週間ほど後に行われます。

顔・腕等は露出する部位なので、ほくろがあると気になりますが、現在ではわずかな時間でほくろ除去をやってもらえるので、コンプレックスに感じる場合は形成外科に行ってカウンセリングをしてもらいましょう。

Scroll To Top